14年ぶりの懐かしい渓へ

2014年8月29日(金)

今回は北の渓の中〆として別館泊の2日間釣行。
但し、数日前のゲリラ豪雨で奥飛騨は増水中のため、1日目は庄川水系に行くことにした。
行き先は巷で噂の昔よく通った渓。(2006年が最後だった。でもそれは支流の渓で、本流は2001年以来。)
a0104199_21214720.jpg




今回はノジさんとの2ショット釣行になった。(もう一人来るはずだったんだけど・・・)

林道ゲートから歩く。
生きた心地がしない風景。
a0104199_20544086.jpg
1時間ほど歩いて懐かしい風景と再会した。
入渓直後は反応がなく心配になったが、しばらくしてライズを発見し2人で交互に狙った。
a0104199_21004868.jpg
a0104199_22533038.jpg
しかし、超シブくて撃沈・・・。
a0104199_21004964.jpg
しばらく反応がなかった時、ノジさんが脇の小池で尺イワナを釣り上げた!
a0104199_21004926.jpg
まだ、アマゴがいるからというので狙ってみたが、フライを見たアマゴは一目散に逃げた・・・。
そこから撤収する際にラインがボサに取られ、リールにグチャグチャに巻きついてしまった!
何とかティペットを取り除いたと思ったがリールの音が変だ!
次の瞬間、事件は起こった。
リールが巻けない・・・。ラインは出るけど巻けない・・・。
最初は仕方ない・・・と思ったが、この日ほどリールのありがたみが分かった日はない。

大場所でロングキャストをするのにラインを出す。
でもラインは巻けないから手繰って移動。
でも、不意にラインを引っ張るとまたラインが出てしまう・・・。
余りのライン処理に悩まされ、左手でハンドツイストするも左手は一杯一杯になってしまった。
この状態でのフロータント処理やフライ、ティペット交換は困難を極めて、また不意にラインを引っ張ってしまう。

ノジさんがアマゴを追加した。
a0104199_21004722.jpg
続きの長いガンガン瀬が続くポイントをどんどん釣り上がった。
大石前のポイントにサカナがついているように見えた。
次のいかにも!ってポイントにクロスラインでフライを送り込むと、ゆっくりとイワナが浮き上がりフライを吸い込んだ!
アワセも決まってズシッと重い感触が!!
・・・何故か一瞬で終わってしまった・・・・。
見えていただけにアワセが早かったか???

するとノジさんが上がってきて、随分釣り上がったから交代。
そしたら本日一番の大事件!
ノジさんが銀ピカの尺ヤマメを釣っちゃった!!
(ノジさん、ゴメン!この時はホントに凹んでヤマメの姿を見ることができなかった・・・。)

もう、凹み過ぎて釣りに集中できなくなっていて、釣りをしてても釣れる気がしなかった。

帰りの林道の長いこと長いこと。
疲労困憊のうえ腰も痛んできて足取りは重く引きずりそう・・・(汗)

何とか別館に辿り着いて、温泉に浸かってビールを飲んで(少し愚痴って・・・)、
いつもの美味しい料理を食べたら元気になってきた!
a0104199_22255263.jpg
よーし!明日は尺イワナ釣るぞ~!!って。(この時はね・・・)
2日目に続く)

[PR]
by cliff_1966 | 2014-08-29 22:34 | 庄川水系 | Comments(0)
<< 尺30本!? 盆釣でリベンジ!? >>