<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

長良川ぶらり旅

2008.3.22(土)

午前中に子供のスポ少を終え、午後に家族の用事を済ませたら僕のフリータイム。
用事は一眼レフカメラ(フィルム)の調子が悪くて、ついにデジイチを購入したのでした。
しかし、ここは財務省の査定が厳しく、さらに好みまで押し付けられて決着したのが「Canon EOS Kiss x2」。2日前に出たばかりなので値引きが少ない・・・(涙)
そんなこんなで帰宅したのが15:00過ぎ。カメラテストを兼ねて近所の長良川をぶらぶらしてみた。

関観光ホテル前。対岸にルアーマンが居たが、双眼鏡で見てもライズは見つけられない。
美濃橋。デイキャンプの人たちだけ?
立花橋。鵜が居たので追い払う。今にもライズしそうだが、何も起こらない・・・。
a0104199_2324516.jpg

上河和。いかにもライズしそうなんだけど・・・。
a0104199_23244178.jpg

そんなこんなで帰宅しました。

デジイチはいいね!(僕的にはもう少し大きいサイズのものが欲しかった・・・。)


2008.3.23(日)

今日は僕のサッカー(40歳以上のシニアサッカー)を2試合+審判(ラインズマン)をこなして、午後はフリータイム。
しっかり釣り道具は積み込み済み。(昨日のまま)

昨日とほぼ同じコースで北上するがライズを見たのは、立花下流の変電所(?)下プールのみ。
勢いでさらに北上し三日市、そして郡上八幡まで到達!
そして吉田川の石原堰堤でやっとライズを発見♪
a0104199_23322787.jpg

しかし、ここは相変わらずの投げにくいポイントで苦戦。やっとフライが届いたと思っても、無視され流れるだけ。
唯一、流しきってフライを手繰っているときにアタリが!こういうのはなかなかフッキングしないんですよね・・・。

17:00納竿。
[PR]
by cliff_1966 | 2008-03-23 23:35 | 長良川水系 | Comments(0)

蒲田リベンジ

2008年3月15日(土)

前回、惨敗だった蒲田釣行で誓ったリベンジをこんなに早く実行できるとは思っていなかった。
子供のスポ少がお休みになって、家族はそれぞれ用事がある。こんなにラッキーなことがあって良いのか・・・?
そんな状況でのリベンジ決行は前日の雨予報など気にもならない。釣友のTOMさんを殿様に迎えて蒲田川を目指した。
現地到着は7:30。昨日の雨で多少の増水があったものの釣りへの影響は無さそう。栃尾から川の様子を伺いつつ上流を目指した。

栃尾のC&R区間には相変わらず釣り人が少ないみたい。
道観松堰堤には餌釣り師が1人。ライズは1度見たが後が続かない・・・。
アルプス広場、展望台も車の数は少なかった。まだ時間帯が早かったのかな?
砂防堰堤付近の釣り人が少ないようだったので、そそくさと準備して渓へと降り立った。
a0104199_22412738.jpg

餌釣り師が前方に2人釣り上がっていたので、2人でじっくりと釣り上がることにした。
砂防堰堤の上流でガガンボのハッチが始まった。でもコカゲロウの姿は無い・・・。
ガガンボパターンで反応を見るが、まったく反応が無い。どんどん釣り上がるが状況は何も変わらない・・・。

前回の最後にバラしたポイント。増水で流れが速くなってはいたが、いかにも魚が出そうな感じは変わっていなかった。しかし・・・やはり何も起こらなかった。
そのまま足洗谷まで釣り上がったが、槍見付近はFFMの銀座状態だったので引き返すことにした。

ちょうどお昼になったのでカップめんでお腹を満たし、午後は高原川本流の偵察に向かうことにした。
1つ目のポイントはかつては魚のたまり場(放流場所?)だったが、プールは小さくなってしまっていた。(これは去年から変わっていなかったが・・・)
水温は11℃でハッチが見られずライズも無かった。C&R区間あたりに移動しようかと相談しつつ、ちょっと気になるポイントを覗いてみた。
ここは二手に分かれてTOMさんは上流、僕は下流のポイントを探った。
a0104199_2310349.jpg

水温はやはり11℃ほどだったが、先ほどのポイントより風当たりが弱いようで暖かく感じた。
流れの緩いポイントのライズを探してしばらく下った。TOMさんには30分くらいだけって言ってあったので、そろそろ引き上げるかと思い叩いて行こうかとポイントを眺めていたら、わずかに水面が揺れた気がした。

ライズだ!!よく見ると手前の流れに1匹、そして奥の流れにも1匹いるようだ。
急いでTOMさんに電話するが何度かけても話中。数100m向こうに釣りをするTOMさんが見えているのに・・・。(後で聞いたら電波状態が悪かったためらしい。)
仕方が無いので単独チャレンジ!
まずはシロハラ・ダンのパターンを流してみたが、様子を見ながらUターン・・・。
ライズの仕方からしてダンは食べていないと判断し、同じくシロハラのFニンフにチェンジ。
しかし、手前の魚は反応しない・・・。先ほどの見切りで潜ってしまったか・・・。

気を取り直して奥側のライズを狙った。
1投目。やや奥に投げすぎた感があったので、流し終わったら手前に・・・と思った瞬間、ライズリングが広がった!
会心のヒットだった♪前回のようにバラシはしないぞと慎重にネットに入れた。
a0104199_23184782.jpg

高原川の天然ヤマメは美しすぎた!
しかも1発で出るなんて、なんてウブで可愛い娘なんだ!

写真を撮りつつTOMさんを呼んだ。まだ1匹残っているはずだ。
水面を凝視しているとライズ!しかし、TOMさんはフライ交換中・・・。またライズ!!
何とかTOMさんに釣ってもらいたかったが、TOMさんがフライを結び終わったころ、風が強まりライズが消えた。20分ほど待ってみたが、やはりダメ。ここは一度上流のプールに移動して、時間を置いてまた後で寄ってみることにした。
a0104199_23291417.jpg

上流のプールはやや風当たりが強く、水面が波立つことが多かった。コカゲロウのハッチがちらほらあったのだが、ライズは外道っぽいのが1回のみ。
TOMさんに叩いてもらったが、やはり反応は無かった・・・。

予定通り、先ほどのプールに向かった。遠めに見た感じはライズがしそうな予感♪
しかし・・・プールの流れ込み付近まで来て何か違和感を感じた!
そこにはまさにライズポイントに差し掛かるFFMが居たのだった・・・。
ライズしているようではなかったが、邪魔をしてはいけないので僕らは潔く退散したのだった。
a0104199_23323625.jpg

次はC&R区間。
宝橋からライズを探しながら釣り上がり。
途中のプールでTOMさんがヒット!
a0104199_23341952.jpg

まったく反応が無かったためネガティブ思考になりつつあったが、TOMさんのヒットで再びポジティブになることができた。

すると僕にも反応が!せっかくのチャンスだったのに、こんなときに限ってバラしてしまう。もったいない・・・。
次第に薄暗くなり冷え込んできたのでTOMさん共にリタイア宣言。
着替えて足湯に入ってから帰路に就きました。

とりあえず何とかリベンジを果たせたかな。アレ!?リベンジは蒲田川だった!!
[PR]
by cliff_1966 | 2008-03-15 22:33 | 高原川水系 | Comments(0)

雪中行軍!?

2008年3月7日(金)

今シーズン初のまともな釣行を決行!
会社には有休願いをだして用意万全♪
そして・・・天気も味方して、前日の予報では現地は雪になる模様。
雪になればライズの嵐♪という算段だったのだが・・・。

朝5:30に自宅を出発。とりあえず単独で蒲田川を目指し、現地で同僚FFMと合流の予定。
美濃ICから東海北陸道を北上すると、予報どおり郡上からは雪が降り始めた。大和から荘川付近までは吹雪状態になり、今日の釣行が不安になったが、高山まできたら晴れ間が出てきた!
しかし、高山から平湯にかけてはまた雪が降り始め、平湯では再び吹雪に・・・。
8:00ごろに集合場所の道の駅上宝に到着。やはりパラパラと雪が降っていた。
同僚に電話すると、まだ高山とのことなので偵察に出かけた。

栃尾のC&R区間には釣り人の姿がない。
道観松堰堤プールには餌釣り数人。アルプス広場、展望台駐車場にはすでに先行者が多数いた。
そのまま進み、深山荘付近の状況を見るも釣り人の姿なし。
引き返して宝山荘別館に寄る。お土産を渡すだけのつもりだったが、大将のコーヒーをご馳走してくれるというお言葉に甘え、話ついでに同僚を待たせていただくことに。

9:00ごろにやっと同僚が到着し、別館裏から釣り上がることにした。
a0104199_2348811.jpg

a0104199_234923.jpg


雪と恒例の下流からの風、そして最大の敵「水中の藻」に苦しめられて、なかなか思うように釣り上がりが進まない。
そして魚の反応の少ない。というより無いに等しい・・・。そんなとき往々にして起こるバラシがやはり出てしまった。唯一ライズしていた魚も逃してしまった・・・。

そうこうしているうちに核心部に先行者が入ってしまった。
やけに先行者の進むスピードが遅いので、一言挨拶して先に行かせていただくことにした。
a0104199_2355435.jpg

a0104199_23561055.jpg

a0104199_23564256.jpg


しかし、その後も不調は続き、いつの間にか時刻は14:00。最後はみんな萎えてしまって釣らずにあがるほど。
宝山荘別館に戻って大将に無残な結果を報告。同僚2人は別館温泉で湯治とのことなので、僕は単独で佳留萱付近にチャレンジ!

佳留萱付近はさすがに釣り人の数が多い!ライズ待ちのFFMをパスしてどんどん釣りあがってみた。
途中でライズを狙っているFFMを見たが、僕の前にはライズも反応も無かった。
さらに釣り上がっていると雪が降り出し、あたりはホワイトアウト状態に。
a0104199_010522.jpg

それでも釣りを続けていて、ふと周りを見渡すと釣り人は一人もいなくなっていた。
何だか寂しくなってしまって引き返すことにしたが、先ほどライズしていたポイントが空いていたのでチャレンジしてみた。
さすがに吹雪状態ではフライが見にくい。着水位置からフライポジションを確認していると水しぶきが上がった!!そしてロッドが撓った!よしっ!!ラインを慎重に手繰る・・・が!
あと少しでネットを差し出すというところで無情にもフライが宙を舞った・・・。007.gif
最後にライズを期待してしばらく流れを見ていたが何も起こらなかった・・・。
a0104199_019711.jpg


非常に厳しい一日だった。
[PR]
by cliff_1966 | 2008-03-07 23:16 | 高原川水系 | Comments(0)