真夏の郡上の溪

2017年7月15日(土)

今日は朝から予定がないので釣りに行くことは決めていたが、行き先は雨次第かなぁと思っていた。

ところが朝起きてから確認すると、以外にも奥美濃~飛騨方面は雨が降っていないようで、行き先が定まらない…。

とりあえず、車を走らせて川の状況を見て決めることにした。

で、長良川は…。
やっぱり平水…。このままでは厳しそう…。
でも、雲行きが怪しいのでひと雨降るかな?

期待しながら予定通りの溪に向かったが、着いてみたらやっぱり渇水気味だった。

いつもの林道を川沿いに走ると、釣り人らしき車が2台。どちらの車も反対向きということは奥は先行者が居るということか?
そのままゲートまで走ると以外にも車はない。
ラッキー!とそのときは思ったんだけど…。

釣り始めると反応は新子のみ。
新しい足跡もあるが、先行者が居たとしても時間はある程度経っているはず。
a0104199_00014954.jpg


我慢の釣りが続いたが、そのうち活性が上がるか復活すると期待して釣り上がった。

しかし、結局いつもの橋までで12:00前になり退渓。

車に戻って別の溪に移動。

ここで何とかアマゴを釣ることができたが、サイズはイマイチ。
a0104199_00015096.jpg


このあと、昨日補修したばかりのトップガイドが再び外れて紛失…。
フライラインが竿に絡まって投げ辛い…。

てなわけで早々に退渓。14:00前だった。
[PR]
by cliff_1966 | 2017-07-15 22:03 | 長良川水系 | Comments(0)
<< 灼熱の奥飛騨① 朝から荘川 >>